どのように、どこへ寄付しているのか

こんばんは。前回のblogから少しは早く更新できたかな。

(それでもけっこう時間が経っておりますが^_^;)

さて、今日は売上金をどのように、どこへ寄付しているのかお話させてください。


当店を始める前「さて、どのように寄付をしようか」と悩みました。

前回のblogに書いたように福島県の未来を担う子どもさんたちへ届けたい。

出来れば仲介を通さずに直接届けたい。
(仲介がいけないわけではないのですが、出来れば直接願いをこめたかったのです)

ですが私は福島県にご縁はなく、情報もない。

突如、岐阜県からやってきた謎の人物が小学校などにお金を持っていくのは・・・

ちょっと不審者すぎる。きっと私だったら「誰やねんお前」と言うでしょう。

いや、その前に体力的に福島県まで行くのはかなり厳しい。


そこで思いついたのが、講演会でご縁をいただいた、福島県いわき市ご出身の

ジャーナリスト・高橋智裕さんにお知恵を拝借することでした。

高橋さんは福島県の小学校などに出向き、とても素敵な写真を撮っていらっしゃいます。

なにより福島県ご出身者です。何か伝手があるのでは!

なぜ私が当店をはじめようと思ったのか、なぜ子どもさんたちへ届けたいと思ったのか、

直接寄付金と私の願いを届けたい。どうかお知恵を貸していただけないか?と

それはもう暑苦しいほどの思いをありったけ伝えさせていただきました。


突然のメールできっと驚かれたでしょうに、高橋さんはとてもお優しく、

さらに私の希望以上の答えをくださいました。

いくつかの子どもさんたちの施設を教えてくださり、さらに私の身体を考慮してくださり

なんと「僕が代わりにお届けすることもできますから遠慮なくおっしゃってください」と!
これ以上ないサポートをしてくださることになりました。

そして毎年高橋さんはお手伝いをしてくださっています。



では次回はどこに届けたのか。簡単なレポートを書かせていただきたいと思います。



追伸

ハンドメイド作品の新作がいくつか出来上がったのですが、

注文した撮影機材到着待ちでございます。来月中にはアップしたいと思っております。

どうか応援のほどよろしくお願い申し上げます。